WEB予約

044-863-6056
診療時間 / 09:30〜19:30 日祝:09:00〜16:30  休診日 / 水  神奈川県川崎市中原区新城1丁目15-3 エルレーブ101

無痛治療
PAINLESS TREATMENT

無痛治療
について

当院の無痛治療への取り組み

  1. 電動麻酔器を使用します
  2. 細い注射器を使用します
  3. 麻酔の前に表面麻酔をします
  4. 麻酔液を体温と同様の温度に温めて使用します
  5. 時間を掛けてでも、いたみのない治療をします
  6. 大きくない虫歯の治療は、"削らない"レーザー治療を行ないます

※無痛治療・・・治療の際、痛みを最小限に抑えて行なう治療のこと

無痛治療を行なうために

電動麻酔

【 特 徴 】
麻酔液を一定の量と速度で注入することができる。

【 メリット 】
麻酔液を一定の量と速度で注入するため、注射時の痛みを緩和することができる。・麻酔液の量が通常の1/2〜1/3程度に抑えることが可能。

【 デメリット 】
注入に時間が少々掛かる

カートリッジウォーマー

【 特 徴 】
人間の体は自分の体温と異なる温度の物質が入ってくると刺激を感じます。そして時にその刺激は、痛みとして認識してしまうこともあります。そこで当院では、できるだけ刺激を感じさせないように麻酔薬を37℃に温めてから注射します。

【 メリット 】
麻酔時の温度差による痛みを和らげることができる。・温めることにより麻酔の効きを良くすることができる。

極細注射針の利用 - 33G -

【 特 徴 】
注射針の中で最も細い、31G〜33Gという種類の針です。細い針で注射することで、針を刺す際の痛みを抑えることができる。

※33G・・・0.26mm
(献血や予防接種では、18G・・・1.20mm)

表面麻酔

【 特 徴 】
麻酔液を歯茎に塗布することで、注射時の針が刺さる痛みを軽減することができる。

トリニティコアシステム

【 特 徴 】
トリニティコアシステムとは、アニメーションで治療工程や病気の進行などを説明するためのカウンセリングソフトです。

【 メリット 】
アニメーションで理解しやすい・治療工程等が理解しやすい(映像での説明が可能となるため)・病気の進行等が理解しやすい(映像での説明が可能となるため)

【 使用する治療 】
歯を削る治療や、外科処置前等どのような治療を行なうか患者さんが不安な場合

カリソルブ

【特 徴】
虫歯になった部分に薬剤を塗ることで溶かし(軟化させて)、基本的に器械を使用することなく、手で専用の器具を使用し虫歯を除去して行く治療方法。※「次亜塩素酸ナトリウム+アミノ酸」、副作用なし

【使用する治療】
虫歯治療(C1,C2 ※C3,C4は適用不可)

【適応した方が良い人】
歯科恐怖症・高齢者(全身疾患のある方)・注射嫌いな小児、大人・麻酔アレルギーの患者

【治療費】
1歯/5,000円

ペリソルブ

【特 徴】
歯周病の原因である歯垢(プラーク・バイオフィルム)・歯石を溶かさせ除去する治療方法。※「次亜塩素酸ナトリウム+アミノ酸」、副作用なし(細菌を殺菌してから除去するので治療中の口腔内を清潔に保ち、細菌の体内への侵入リスクを最小限に回避し、健康な歯と歯肉を守ることができる)

【使用する治療】
インプラント治療・歯周病(重度でも有効)

【適応した方が良い人】
心臓病の方・全身疾患のある方

【治療費】
1〜4歯/20,000円

レーザー治療

【 特 徴 】
ある"単一の波長"からなるレーザー光線を照射することによって治療的効果出す方法です。歯科医院で使用するレーザーにはいくつか種類があり、機器によってレーザーの性質が異なるため、治療できる範囲が異なります。したがって、歯科医院に設置している機器によって、受けられる治療が異なります。

【 治療費 】
保険診療・・・虫歯/口内炎
自費診療・・・メタルタトゥー(10,000円)/メラニン色素除去(口内 15,000円)/フラップ手術などの歯石除去等(6,000円)

【 使用する治療 】
虫歯治療・歯周病治療・根管治療・外科治療

【 メリット 】
虫歯治療に適したレーザーでは、従来の治療で使用する機器とは異なり、歯を削る時の振動や削る音が無いため、少量の麻酔を使用するか、麻酔は使用せずに治療することができます。したがって、不快感を感じることなく痛みの少ない治療を受けることができる。・歯茎に炎症を起こしている場合には、炎症を起こしている組織を高温で蒸発させて取り除いたり緩和させることができるため、腫れや痛みを和らげることが可能。

【 デメリット 】
治療に時間が掛かる点・保険が適用されない場合がある。

 

プラセンタ治療

【 プラセンタとは 】

プラセンタとは、哺乳動物の胎盤のことです。プラセンタは受精卵を約10ヶ月で約60兆個の細胞(人間は約60兆個の細胞でつくられてます)まで増殖させていくと同時に、各種臓器や期間を作り上げていきます。プラセンタはそのために様々な生理活性物質を合成し、妊娠期間中継続して胎児に与え続けています。プラセンタは他の組織や臓器が含んでいない様々な活性物質を総合的に含んでいるのです。

【 歯科治療におけるプラセンタ 】

プラセンタ療法とは、多くの薬理作用を持つ胎盤抽出エキスを用いた治療方法で50年以上前から製造される注射薬やサプリメントが治療に使われています。いずれも人工的に合成させたものではなく、大きな副作用もないため、どなたでもご利用いただけます。

【 歯科医療で用いるプラセンタ 】

歯周病・インプラントとの併用・口内炎・顎関節症・舌痛症・口腔乾燥症・予防目的

【 適応した方が良い人 】

歯周病(歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)が生み出す毒素ですが、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスの影響などの全身状態によって症状は進行します。プラセンタは免疫の活性作用をはじめ、細胞の修復・抗炎症・血液促進・ホルモンバランス調整などの多方面から歯周病の発症原因や症状に対して作用します。)・外科処置(プラセンタ効果の一つに創傷治癒促進作用(傷の治りを早める)があります。インプラント治療や抜歯の際にプラセンタを併用するとその際にできた傷の修復を助けます。)・予防歯科(プラセンタの効果の1つに免疫力強化があります。院内での定期ケアに加え、健康な身体や口腔内の維持にプラセンタの継続による口腔ケアが効果的です。)

【 治療費 】

1アンプル/1,200円 +tax・2アンプル/2,000円 +tax